DEODORIZATION消臭・防臭・VOCs低減

最新のお知らせ
もっと見る

消臭・防臭・VOCs対策が必要な理由

VOCsは化学物質過敏症やシックハウス症候群など様々な健康被害につながります

目がちかちかする・のどの乾燥・吐き気・鼻水・湿疹・頭痛など、様々な症状を引き起こす可能性があります。
化学物質過敏症は継続的にVOCs暴露環境にいることで誘発されることもあります。ダイヤニウムの製品にはホルムアルデヒドなどの有害物質を低減する効果もあります。

スメルハラスメント・スメルマネジメントが重要

安全衛生法に基づき、メンタルヘルス指針が厚生労働省から発表されています。つまり、ニオイが周囲の人にストレスを与えてしまい、メンタルヘルスを損なう可能性があるのであれば対応していく必要があります。ただ、面と向かって指摘するのは非常に難しいです。汗のニオイに含まれるアンモニアなど様々なガスに効果を発揮するダイヤニウムで、ニオイが発生しづらい空間づくりに取り組んでみませんか?

ニオイクレームと口コミの関係

近年では口コミが大きく売り上げを左右します。
臭いと書かれたら消臭工事で即対応、臭いと書かれないために防臭工事。
ダイヤニウムでは様々なソリューションを提供します。

既存顧客の維持

既存の顧客を維持していくためには顧客満足度を高めていく必要があります。
ニオイと顧客満足度は密接に関係しています。様々なニオイ成分に効果のあるダイヤニウムで快適な空間をご提案します。

ニオイと記憶の関係

プルースト効果(ニオイが記憶や感情を呼び起こす)を考慮するとネガティブなニオイが長期的にブランドの毀損につながるリスクがあります。
たとえば、シャワーカーテンが臭いホテルに宿泊した後同じ匂いを嗅ぐと、そのホテルを思い出してしまうなど・・・心当たりはありませんか?

ニオイの裏側には本質的で重大な問題が潜んでいます

臭いということは、衛生環境が劣悪ということです。
菌が繁殖している、カビ、清掃不足・・・
様々な菌に対して減少効果を有するダイヤニウムで根本的に環境を浄化可能です。

ダイヤニウムの消臭・防臭・VOCs低減工事が選ばれる理由

施工対象の色や外観に影響を及ぼさない施工が可能

ダイヤニウムは様々な素材に対してその安全性が確認されています。
航空業界での採用実績はその証拠。様々な素材に対し、変色やひび割れ、腐食がないかどうかを検証しています。また、ダイヤニウムの施工技術で窓ガラスや鏡などにも施工が可能です。

ニオイやVOCsに対する社員教育の徹底

ダイヤニウムは社員に、ニオイやVOCsに関する知識習得を積極的に行っています。何が原因のニオイやVOCsなのか。また、それらを減少させるために本質的な対策は何なのか、お客様から寄せられたお悩みを共有し、ノウハウを保有しています。

持続性試験を行っている

  • 名古屋市工業研究所にて、摩耗試験を実施済み
  • 1日5回の拭き掃除であれば10年
  • 1日10回の拭き掃除であれば5年

使用環境によって変わります。

放射性物質や毒物0

化審法で、第一種特定化学物質、第二種特定化学物質、または監視化学物質として指定されていますか?NO
電離放射線障害防止規則で規定されている放射性物質ですか?NO
RoHS(特定有害物質使用制限)指令で規制されている物質ですか?NO
毒物及び劇物取締法またはその指定令で指定されている毒物又は劇物ですか?NO
有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律および関連法規により規制されている化学物質ですか?NO

  • カリウム40などの放射性物質が入っていません。
  • 五酸化リン(GHQ急性毒性区分2 :飲み込むと生命に危険)なども入っていません。

実績多数

  • 国内バスの70%を製造するバス車体メーカー様で採用
  • 小荷物専用昇降機トップメーカーで採用
  • 病院・幼稚園・保育園・学校・官公庁・商業施設・飲食店・一般住宅
    実績多数

安全性試験

  • 皮膚一次刺激性試験
  • 皮膚感作性試験
  • 経口急性毒性試験
  • 変異原性試験
  • 眼刺激性試験
  • パッチテスト

オールクリア!

お問合せ・ご質問・ご意見は下記フォームよりお気軽にお寄せください。

CONTACTお問合せフォーム

    お問合せ種別必須
    お名前必須
    法人名任意
    お電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ内容必須

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    TOP