ANTI MOLDカビ除去・防カビ

最新のお知らせ
もっと見る

カビ除去・防カビ対策が必要な理由

カビは汚い

カビが生えている=環境美化の意識が低いと思われてしまうリスクがあります。 ダイヤニウムはカビ除去・防カビを通じ、衛生的な環境をご提案します。

カビを取り切るのは難しい 再発する

カビの原因は、有機物・温度・湿度・酸素がほとんどです。これらを適切にコントロールすることがカビの対策として有効です。しかし、分かっていても完璧にコントロールすることは非常に難しく、再発してしまうのがカビです。ダイヤニウムではその労力を減らすソリューションをご提供します。

建物の気密性・断熱性の向上

住宅の性能は年々向上し、気密性、断熱性があがっています。
しかし、私たち一般人の「換気」に関するリテラシーはどうでしょうか?

今後もカビが生えやすくなる環境に対し、ダイヤニウムは立ち向かい続けていきます。

LEDの普及に伴い天井付近の温度が上昇せず結露しやすくなっている

カビの大きな原因の一つが「結露」です。結露は空気中の水分が飽和水蒸気量を超えると発生します。飽和水蒸気量は温度に依存します。白熱灯が発する熱で天井付近の温度が高かった時代と環境が大きく変わってきています。ダイヤニウムはカビの生えにくい環境を提案します。

クレームにつながる

カビは即クレームにつながる恐れがあります。
ダイヤニウムは見た目だけではなく、健康被害をも起こすカビを対策し、顧客満足度を高めるお手伝いができます。

健康被害

見た目だけではなく、健康にも被害を及ぼすのがカビです。カビが代謝活動を行う際に発生する化学物質はマイコトキシン、カビ毒と呼ばれます。
例えば、よく知られているカビ毒の一種であるアフラトキシンには、発がん性があります。ダイヤニウムでカビが生えにくい環境をつくることにより、施設来訪者、そこで働く従業員に健康的かつ衛生的な環境を提供することが可能です。

ダイヤニウムのカビ除去・防カビ工事が選ばれる理由

特殊配合で基材に影響しにくい

カビ除去によく使用される塩素系漂白剤。カビを除去し、漂白することで見た目はとてもきれいになります。しかし、度重なる使用は基材に腐食や劣化などの影響を及ぼします。
ダイヤニウムの防カビ施工はこのような副作用がなく、また、カビ除去にも基材にやさしい液剤を使用します。

塩素臭がしないためオペレーション再開まで時間がかからない

塩素系漂白剤を使用したカビ除去は漂白効果もありとてもきれいに仕上がりますが、残留する塩素臭がオペレーション再開を妨げることもあります。

ダイヤニウムのカビ除去・防カビ工事はこのような問題も解決することが可能です。

持続性試験を行っている

  • 名古屋市工業研究所にて、摩耗試験を実施済み
  • 1日5回の拭き掃除であれば10年
  • 1日10回の拭き掃除であれば5年

使用環境によって変わります。

放射性物質や毒物0

化審法で、第一種特定化学物質、第二種特定化学物質、または監視化学物質として指定されていますか?NO
電離放射線障害防止規則で規定されている放射性物質ですか?NO
RoHS(特定有害物質使用制限)指令で規制されている物質ですか?NO
毒物及び劇物取締法またはその指定令で指定されている毒物又は劇物ですか?NO
有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律および関連法規により規制されている化学物質ですか?NO

  • カリウム40などの放射性物質が入っていません。
  • 五酸化リン(GHQ急性毒性区分2 :飲み込むと生命に危険)なども入っていません。

実績多数

  • 国内バスの70%を製造するバス車体メーカー様で採用
  • 小荷物専用昇降機トップメーカーで採用
  • 病院・幼稚園・保育園・学校・官公庁・商業施設・飲食店・一般住宅
    実績多数

安全性試験

  • 皮膚一次刺激性試験
  • 皮膚感作性試験
  • 経口急性毒性試験
  • 変異原性試験
  • 眼刺激性試験
  • パッチテスト

オールクリア!

お問合せ・ご質問・ご意見は下記フォームよりお気軽にお寄せください。

CONTACTお問合せフォーム

    お問合せ種別必須
    お名前必須
    法人名任意
    お電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ内容必須

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    TOP